”ふぉるつぁ”について

”ふぉるつぁ(FORZA)”は、イタリア語で「力」とか「強さ」という意味です。

 

私たちの行うカウンセリングは、よく「協同作業」と表現されます。カウンセラーが相談者さんに何かを与えたり教えたりといった上下関係の中で進めるものではなく、相談者さんの生活をよりよくしていく方法を2人で協力しながら探していくからです。

 

私は、相談者さんが幸せに生きるためのヒントは相談者さん自身の中にあると考えています。その、相談者さん自身の中にある力や強さを引き出すことを大切にしています。”ふぉるつぁ”という名前には、そんな私の想いが込められています。

 

いつでも私は相談者さんの中にある力、努力、工夫、そうしたものを探す努力をしています。結果が”失敗”に見えるものの中にも、解決のヒントになるものがあるはずです。いつもとは違った工夫をしたかもしれない、いつもよりほんのちょっぴり頑張ってみたかもしれない、そういうものを大切にします。なので、カウンセリングの中で叱られることはまずありません。「もっとこうしたらいいのに」「どうしてこうしなかったの?」なんて、責めるような言葉もかけられません。安心してお話ししていただけます。

 

しかし、いくらカウンセリングが素晴らしいものだとしても、使ってもらえなければ意味がありません。今までのカウンセリングは、病院やカウンセリングルームに足を運んで顔を合わせることが基本でした。しかも、保険の適用にならないカウンセリングは、1時間程度の利用で1万円前後の価格設定が相場になっています。それでは多くの人に使ってもらえませんし、長続きしません。

 

そこで私は、カウンセリングをもっと身近なものにするためにインターネットの力を借りることにしました。そうすれば、病院に行くまでではないけれど誰かに相談したい人、病院に行くことに抵抗を感じている人、何らかの事情で家から出られない人にもカウンセリングを提供できます。

 

また、インターネットを活用したカウンセリングなら事務所が必要ありません。そのぶんカウンセリングの利用料を安く設定できます。こうして、もっとたくさんの人にカウンセリングを経験してもらえる環境を整えることに成功しました。

 

”ふぉるつぁ”は、多くの人にとってカウンセリングや心の専門家を身近な存在にするために生まれたのです。

 

ふぉるつぁ代表  上河邉 力